医学部予備校に通い始める時期

難易度の高い学部として知られているのが、医学部です

同じ大学でも、難易度は学部によって大きく異なります。
難易度の高い学部として知られているのが、医学部です。
他の学部と比べて、難易度が高いため、目指すと決めたのであれば早めに準備をする必要があります。
「予備校に通い始めるとするのであれば、それはいつからが良いのか」これは、人によって違いますが、通い始める人が多くなるのは、高校2年生頃でしょう。
高校生活に慣れることで精一杯だった高校1年生を過ぎ、徐々に受験に向けた話なども出てくる時期でもあります。
中には高校3年生になってから探し始めるという人もいます。
高校2年生後半・高校3年生の春から通うのでは、少々遅いかもしれません。
大学を受験するのは高校生ばかりではありません。
一度もしくは複数回大学受験を経験している浪人生も高校生と同じ試験を受けます。
高校生と比べて浪人生は多くの時間を勉強に割いています。
また、大学受験を既に経験しているわけですから、ノウハウも身につけていることでしょう。
膨大な知識と経験のある浪人生との競争にも勝たなければ、合格を手にすることは出来ないというわけです。
では、いつからが良いタイミングであるのかというと、高校1年生の後半から高校2年生の序盤までには通うところを決め、実際に通い指導を受けるようにしましょう。
余裕のない時に急いで予備校を決めてしまうと、十分に比較する時間が持てずに自分に合っていないところであったり、質の低いところを選んでしまうかもしれません。

正直医学部受験を一度でも経験した人ならこの優遇措置なんて誰しもが知ってるんですよ。
医学部予備校でも教わったりしますし。
だから、男子受験生達も女子受験生たちも「何を今更」と言った感じでしょうね。

更に、多浪生も年数に応じて減点方式なので、多浪女子受験生は満点取っても受かりません。

— ふる (@ful___) 2018年8月2日

難易度の高い学部として知られているのが、医学部です | 医学部に合格をするために大切なこと | 復習はその日の内に行うようにしましょう